A Place In The Suns

29 teams and ONE – Phoenix Suns

サンズ、ホームコート死守。Great Team Victory – 残り10勝

Posted by placeinsuns : 2010/05/06

5/3 (Mon) @PHX ○102-111
5/5 (Wed) @PHX ○102-110
5/7 (Fri) @SAS 9:30 ET
5/9 (Sun) @SAS 8:00 ET
5/11 (Tue) @PHX 10:30 ET
5/13 (Thu) @SAS TBD
5/16 (Sun) @PHX TBD


  嬉しくて嬉しくて。1Qを見ている限りでは「今日はもうダメか…」と思わせるような両チームのディフェンス。もちろんスパーズが良くてサンズがダメ。ダンカン絶好調。しかしここからが素晴らしかった。2Qに入っていつも通りベンチ登場。すると瞬く間にオフェンスリバウンドを積み重ね、2Q開始3分間だけで8個ものオフェンスリバウンドを奪う。シュートは外れに外れているのに点差は詰まるという、いつもは
サンズがやられているパターンをそっくりそのままお返し。ベンチが粘りに粘って縮めた点差をスターターが引継ぎ、2Q最後に9-2のランを見舞って同点。この時点でサンズのFG%は31%、スパーズは48%。スコアは51-51。どうなってんの(笑)

  後半は一進一退。そしてこれをやぶったのがまたもやベンチ。フライは今までの不調がウソのようにぽんぽんスリーを放り込み、肝心なところでダドリーがナイスプレーを連発。スティール、スリー、走りこんでのレイアップ。トレードでフェニックスにやってきたとき、誰がこうなると思っただろう。フライにしたって、今年の最初にこの活躍を予想した人など皆無のハズ。ナッシュをきっちりいつも通りの残り6分まで休ませてからスターター登場(フライファールトラブルに加え相手がスモールラインナップだったので、SFダドリー、PFヒル、Cアマレ)。再び11-4のランで差を11点にまで拡げて、ほぼそのままゲームセット。ヒルがダンカンとマッチアップしている時に2本連続でダンカンの上からジャンプシュートを決めていたのが印象的。一昨日ほどサンズのBig 3が機能したわけではないが、ヒル、フライ、ダドリーなど「脇役」がステップアップしての勝利。こんなに嬉しいことはない。

  ただ、最後にダンカンのスリーが炸裂した。2008年のプレーオフ、OT最後の5秒が脳裏をよぎった人は少なくないだろう。ダンカンがスリーを決める、そういうシリーズだということ。まだホームコートを守っただけ。本当の戦いはこれからだ。

Link
NBA.com – Los Suns take stand, take two game lead in series
Arizona Republic – Suns take 2-0 series lead over Spurs
Bright Side Of The Sun – Phoenix Suns Survive San Antonio Spurs to WIN Game 2, Take 2-0 Lead in Series
mySA.com – Spurs head home facing daunting 0-2 deficit

おまけ

  最初は不吉なデータで申し訳ないが…
カンファレンス・セミファイナルで最初の2戦を連取したのは95年、対ロケッツ戦以来。その前の年もやはりロケッツに準決勝でアウェーを連取。この2年、どちらもチャンピオンは…この2年間がジョーダンブルズの合間であることをいえば大体分かる方が多いかと。
ただ、その前の1993年プレーオフは、カンファレンスセミファイナルでスパーズにホームで連勝、そのままファイナルへ進出している。
サンズ、最初にファイナルに進出したのが1976年(このとき、サンズはなんとプレーオフ出場自体がまだ2回目のチーム)。それから17年後の1993年、バークレー時代に再びファイナル進出。1993年の17年後は…!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。