A Place In The Suns

29 teams and ONE – Phoenix Suns

  • @PlaceInSuns

    • 印象論ばかりですが見直す時間もないので以上。決して調子の良くないオフェンスは粘り強く泥臭くついていっただけに、パッとしないディフェンスに対して非常にストレスの溜まる試合でした。 2 years ago
    • ディフェンスのローテが酷いのは今に始まった話ではないが、今日は普段割と堅い(気がする)PGから崩されたから非常に目についた。しかも相手がスミスとくれば、(決して悪い選手ではないが)単に研究不足を疑うところ。 2 years ago
    • ・前半の対Iスミスが酷い。此奴はドリブルからシュートできないのに、間合い詰めすぎ。抜かれてアンダーソン、AD警戒でスカスカのペイントへ。結果ファウルも嵩む。 ・対速攻も酷い。練習してる? ・Rアンダーソンは調子良すぎた。仕方ない。 ・相手の不用意なファウルのお陰でギリギリ試合に。 2 years ago
    • この展開から勝とうとすれば、4Qのスコアは40-10以上に持っていかなきゃならない(今は21-4)。 のんびりペースを落としたオフェンスしてる場合じゃないし(ブレッドソー)、オフェンスリバウンドを取られるたびに3%ずつ勝機が失われる。 2 years ago
    • ま、またこの展開。 2 years ago
  • 購読

NBA, where Goran Dragić happens. – ドラギッチ、24歳の初試合。あと9勝

Posted by placeinsuns : 2010/05/08

5/3 (Mon) @PHX ○102-111
5/5 (Wed) @PHX ○102-110
5/7 (Fri) @SAS
5/9 (Sun) @SAS 8:00 ET
5/11 (Tue) @PHX 10:30 ET
5/13 (Thu) @SAS TBD
5/16 (Sun) @PHX TBD


  あまり安っぽく「感動」という言葉は使いたくはないが、今日は本当に痺れた。感動した。ツイッターを見ていただくとより臨場感があるかもしれない(若干狂乱状態だったことも含めて)。

  1Q。スロースタートに加えてレフェリーも何となくスパーズよりのコールが目立つ。フリースローが決まらない分何とかついていくが、1桁差にして次のクオーターにつなぐのが精一杯。そうしてベンチに期待をかけた2Q、ベンチはいきなり11点を持っていかれ、かろうじてヒルがつないでいる状態。18点差で相手のホーム、サンアントニオ。まだ2Qだが、その前のCLE@BOSが脳裏をかすめる。ドラギッチではオフェンスが上手くいかない。そう、ドラギッチでは。

  たまりかねてジェントリーがナッシュをまだ前半残り8分もあるのに戻す。ナッシュ、バルボサ、リッチ、ヒル、アマレのスモールラインナップ。信じられないことにこのオフェンス重視のメンバーで、ここからサンズの「ディフェンス」が機能し始める。ミスタイプではなく、ディフェンス。5分半もの間スパーズにFGをただの1本も許すことなく過ごしたサンズは、オフェンスでは確かにもたついた。とはいえ5分間もナッシュが出ていればそのうち調子は上がってくる。結局19-5の長く、大きいランを喰らわせて6点差で前半終了。

  3Qはさすがスパーズ、やはりジノビリ。前半ラストにジャンパーを時間ギリギリで放り込んだジノビリが、ディフェンダーが密着しているにもかかわらずジャンパーをことごとく決めてくる。一方のサンズもFTをきっかけにようやく調子を上げてきたナッシュがシュートを入れ始め、アマレも自分でこそ点を取りに行かないが周りにナイスパスを連発。両者譲らずに行くか、というところで3Q残り2分、ようやくJ-Richとナッシュのジャンパーで3点差にしたところでナッシュはベンチへ。2Qの出場時間を考えればここは下げざるを得ないが、厳しい局面。このままずるずる持っていかれてしまうのでは…ボナーのスリーが決まった時に誰もがそう思ったのではないか。しかし、ここでドラギッチはしっかりスリーを決め、J-Richも踏ん張って71-72、1点差。

  4Qが始まる。出ているのは今日調子が悪く、しかもいつも通りのローテーションを取れなかったベンチ。リズムが取れていないのではないかという不安がよぎる。いきなりドラギッチが中に入ってピポットを使ったフェイクからレイアップ。ロンドのような動きをすると、またしてもチェックの入ったジャンパーを決める。おお、調子いいじゃんゴラン。バル坊がそのあとスリー含む2連続得点でスコアは80-76と4点リード。

  The Time Has Come. その場にいたサンアントニオのファンはおろか、スパーズのメンバーもサンズのメンバーも、ポポビッチHCや「ミスを恐れるな。自信を持て。」と送り出した当のジェントリー、恐らくその試合を見ていた誰もが気づいていなかっただろうが、歴史はすでに変わり始めていた。ドラギッチはこの2本に続き、レイアップ、スリーを立て続けに入れる。おいおい現実なのかこれは(夢なら覚めんでくれ)。まだ続く。ジョージヒルの腕に引っ掛けてファールをもらいながらスリー撃って…Swwwiiish!! ウォー!! FTも決めてなんと4点プレー!!!(自分をつねる…うむ、確実に痛い)。更に魅せる。ダンカンにつっかけながらのレイアップ!! 迫り来る白の背番号20、ジノビリの上からスリー!! (もう何がなんだか分からんがとりあえず)ウォー!! パーカーを抜き去って再びレイアップ!! (スコア?スコア見てなかった!100-86!ウォー!!)

  ナッシュが同じことをしても十分驚く。だがこのサンズのPGはナッシュでも、キッドでも、KJでもない。紛れもなくスロベニア出身のPG、Goran Dragićだ。72-73と1点リードされた4Q開始時から実に32-17のラン。このうち、スロベニア出身の若きPGがたたき出した得点は実に20。1人でスパーズを、しかもBIG 3を手玉に取りながら完封した。極めつけはこの時間帯、ヒルを除き全員がベンチ(バルボサ、ダドリー、フライ)だったこと。アマレもナッシュも、J-Richでさえいない。いたのはベンチの先輩バルボサと、リーダーのヒル、そして2人の若手(ダドリー、フライ)。相手は3回もファイナルを制したパーカー、ジノビリ、ダンカン。一昨年スパーズによってニ巡目45位でドラフトされ、つい前日に24歳の誕生日を迎えたばかりのこの選手は、殿堂入りが保証されているような選手たちが巣食い、フェニックス、そしてスティーブ・ナッシュがここ数年にわたってことごとく涙を呑んできたサンアントニオ・スパーズに対して、堂々たる、素晴らしい、本当に素晴らしいプレーをした。最終スコアは110-96、ゴラン・ドラギッチは、たった12分の間、それも試合の最後の12分間に23得点をマークし、出場時間17分半、26得点(FG: 10-13, 3pt: 5-5)、3リバウンド、2アシスト、1ブロック、ターンオーバーはゼロという成績を残し、サンズにとって宿敵と呼ぶことさえおこがましかったスパーズを敵地サンアントニオで崖っぷちに追いやった。

  “The night a legend was born”。今日NBA.comのトップに出たこの見出しは、ドラギッチのものではない。しかし、気が早いかもしれないが、将来この日がこう呼ばれることを願ってやまない。最後にこちらも気の早いWikipediaから、試合後のインタビューの一節を引用することにしよう。

After the game, Dragić was quoted as saying, “I am Goran Dragić, from Slovenia. I come to USA for play Phoenix Basketball.”

(試合後、ドラギッチはインタビューに対しこう語った。「私はゴラン・ドラギッチ、スロベニア出身です。フェニックスでバスケットボールをプレーするためにアメリカに来ました」、と。)


広告

コメント / トラックバック8件 to “NBA, where Goran Dragić happens. – ドラギッチ、24歳の初試合。あと9勝”

  1. mizu said

    いやー、楽しかった。僕も試合中、同時並行でplaceinsunsさんの狂乱したツイッター見てました(笑)。

    序盤で不調だった&笛を吹いてもらえないアマレを諦めて、今プレーオフでも多用している、
    スクリーンをかけてスイッチしたスパーズのインサイトとサンズのガードが1on1って戦術を今日はひたすらやってましたねー。
    これがまたハマるハマる!ドラギッチの影に隠れてしまいましたがバルボサも第4Qはいいリズムでプレーしてました。
    この戦術はレイカーズのバイナム相手にも十分効果的だと思いますね(もう気が早いなんてことはないでしょう)。

    ドラギッチはまだムラがありますが、ときおり天才の片鱗を見せてくれますよね。シーズン中にナッシュが欠場し、スタメンで出場したサンダーとの試合でも素晴らしいプレーを連発したのを覚えています。

    これで最高の状態で王手!いい形でこのシリーズを終えてレイカーズとの決戦に臨んでもらいたいです。

    • mizuさん
      いやはは…お恥ずかしい限りで^^;
      あの1on1はなかなか効きましたね。サンズはバル坊のようなスピードスターや、ナッシュ、ドラのようにクイックネスを生かした攻撃ができるガードがいますので、ガードを中心に攻めたいときはかなりオススメな攻撃方法だと思います。アレをやるとディフェンスが緩くなってアマレもスペースを取れるようになりますし。
      そう!実はバルボサが陰で大活躍だったのですよ。あと、正直見ている途中はバルボサがボールをドラギッチから取ってしまうのではと内心冷や冷やものでしたが、きっちりドラギッチをたてている辺り彼も成長しましたよね。バイナムの話は…また後ほどw
      ドラギッチはもっと自信をつければもの凄い選手になるんじゃないか…といつも活躍を見る度に期待してしまいます。数年後、どんな選手になっているでしょうね。

  2. 春文 said

    久しぶりなうえ2回目のコメントなんで忘れているかもしれませんがコメントさせてもらいます。

    今日の試合はすごかったですね!
    オフェンスではなくディフェンスで粘れたのは大きな収穫でしたしファイナルまで行けるのでは?と思わせる試合でしたね。
    LALはオフェンスがうまく機能してないようなのでLALに勝ってファイナルまで駆け抜けてもらいたいです。

    ドラギといえばドラフト時に2つの指名権と現金という2順目45位の選手としては破格のトレードだったり1順目並みの契約や獲得が決まった時にフロントが大喜びしている映像を見たのでかなり印象にのこっています。

    • 春文さん
      いーえっ、きっちり覚えておりますよ!アマレのトレード話の時に何度かコメントいただいた記憶があります。

      やっぱり思いました?私も正直ファイナルまで…と喉まで出かかって止めておきます。言ったら逃げていってしまいそうで。ちなみに私の目にはファイナルではなく、最初からリ○グ以外映っておりませぬ(ぉ

      僕もドラギ指名の瞬間はよく覚えています。その後がしばらくひどかっただけに余計に印象に残りました。当時、ダメで不安で仕方なかった選手がこういう大舞台で活躍してくれると、何かこう自分のことのように嬉しくなってしまいます。この日はもうテンション上がりっぱなしで他のことが手につきませんでした。

  3. Soydogg said

    いつもtwitterで楽しくフォローさせていただいております。
    臨場感溢れる素晴らしいレポート有難うございます。
    今年のSuns, 相手がどんなスタイルで来ても対応できて且つ勝ち抜く事ができる
    柔軟性と気持ちの強さ持ってますね。そして終わってみればSpurs相手に3試合連続110点。もうホーム戻って来なくていいからこのまま行って欲しい!

    Goran, 何気に身体能力も半端ないですよね。6-3で両手ダンクかましますからね。

    • Soydoggさん
      おお、こちらにもいらして頂きありがとうございます!ちょっと後から見返すと恥ずかしい文章ですが…お付き合いください(笑)
      本当に今年のサンズは「どんなやり方でも勝てる」チームになりつつあると思います。しかもプレーオフに入ってから若手の特にディフェンス面での伸びが著しいですし。以前はFG%が相手を下回っているのに勝っている試合なんてまず滅多に見られなかったですもんね。
      因みにナッシュ先生は、「ドラギッチには運動能力では全然敵わない」という趣旨のことを言っていましたね。何だかんだいってあの年のドラフトでデリックローズに次ぐPGだといっても言い過ぎではないレベルのものを持ち合わせていますよね。

  4. アイドル said

    ドラギッチすごかったですねー。って、それまでは名前も読めなかったし、なんてったって見た目が典型的ヨーロピアンなバスケ選手って感じなので、ソフトなイメージがあって、頼りないとしか思えなかったのですが。いやあ、ごめんなさい。ドラちゃん。あの爆発には最後大笑いしてました、わたし。あの3ポイント。何度思い出してもおかしい。ここ南カリフォルニアでは周りは敵だらけですが(私の夫も含め)、負けないで応援がんばります。
    バルちゃんももう少し調子が上がってくるといいんだけど。なんかまだ空回りしてる。

    • アイドルさん
      去年見たときもあの表情どおり、猛烈に自信なさそうにドリブルして案の定ライン踏んだりスティールされたり散々だったのですが…ホントにこういうダメな時期から見てる選手ほど活躍すると嬉しいものですね。あの爆発、記事の通り私はもうはしゃいではしゃいで…その後一日何も手につきませんでした。

      カリフォルニアですか~いいですねぇ、周りがLAファンということを除けば(笑)。カリフォルニアパワーに負けず頑張ってください!!バルボサはレイカーズが苦手としているタイプの選手なので次(こそ)は期待できそうですよ~

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。