A Place In The Suns

29 teams and ONE – Phoenix Suns

  • @PlaceInSuns

    • 印象論ばかりですが見直す時間もないので以上。決して調子の良くないオフェンスは粘り強く泥臭くついていっただけに、パッとしないディフェンスに対して非常にストレスの溜まる試合でした。 2 years ago
    • ディフェンスのローテが酷いのは今に始まった話ではないが、今日は普段割と堅い(気がする)PGから崩されたから非常に目についた。しかも相手がスミスとくれば、(決して悪い選手ではないが)単に研究不足を疑うところ。 2 years ago
    • ・前半の対Iスミスが酷い。此奴はドリブルからシュートできないのに、間合い詰めすぎ。抜かれてアンダーソン、AD警戒でスカスカのペイントへ。結果ファウルも嵩む。 ・対速攻も酷い。練習してる? ・Rアンダーソンは調子良すぎた。仕方ない。 ・相手の不用意なファウルのお陰でギリギリ試合に。 2 years ago
    • この展開から勝とうとすれば、4Qのスコアは40-10以上に持っていかなきゃならない(今は21-4)。 のんびりペースを落としたオフェンスしてる場合じゃないし(ブレッドソー)、オフェンスリバウンドを取られるたびに3%ずつ勝機が失われる。 2 years ago
    • ま、またこの展開。 2 years ago
  • 購読

ナッシュ、アマレへのインタビューとか

Posted by placeinsuns : 2010/05/13


  忘れてましたがSalary Capとは? も地味に更新を続けております。やたら字ばっかりですがよろしければどうぞ。短い短いシーズンオフにぼちぼち進めようと思います。


On Nash’s Eye

  ナッシュの眼はまだ青くなっているものの、腫れは大分ひいてきているようです。

  ナッシュはアイスホッケーが盛んなカナダの出身。小さな切り傷くらいで出ないわけにはいかない。「友達が見ているから出ざるを得なかったんだよ。(あんな傷くらいで引っ込んでいたら)連中はバスケの試合を見て『バカにしてんのか』と言ってきっとチャンネルを替えてしまうよ。だから僕がコートに戻らなかったら、僕の故郷のバスケットボールは終わってしまうのさ。」

  ジェントリーは「コートに戻らなかったら、彼はカナダの市民権を剥奪されていただろうね」とのこと。うむ、アリゾナの移民法とあわせて彼には行くところがなくなってしまいますね。日本に来てみてはいかが?もっと厳しいか。。

  今日の練習でドラギッチは試しに片目をつぶってシュートしてみた模様。「エアボールだったよ。彼はどうしてあんなことができるんだ」とのこと。そりゃそうだ、遠近感とれないんだから

  ロビンは案の定スルリと報道陣をかわして行ってしまったとのこと。彼はSeth Pollack(ファンブログの筆者)やPaul Coro(サンズの番記者)も避けているので、まして他の記者が行ったところで相手にしてもらえないでしょう。メディア嫌いなんだとか。 (Yahoo!より)


Interview with Amar’e

  アマレが、今季のチームディフェンスの向上ぶりについて聞かれて。「きっとあんた達はサンズがディフェンシブなチームになるには俺がいいディフェンスをしなきゃだダメだっていったよな(笑)。俺は前にこう言った。『見てろよ、俺はディフェンシブなプレーをこれからしてみせるし、ディフェンスというものを理解してみせる』。俺は実際にやってのけた。どうやってディフェンスをすればいいか学び、どのように1オン1で守ればいいか、どうしたらファールトラブルにならないか、ローテーションのこと、チャージングの取り方を学んだ。キャリアでとったチャージングの数を全部合わせたよりも、今年は多くのチャージングをとった。いや、このプレーオフだけでももうその数を越えているかもしれないな。」

  フロップ野郎と呼ばれる可能性について「俺がやってるのはフロップじゃない。俺はそんなに演技派じゃないよ」。

  アマレ君は一時期サンズのベンチ陣と一緒に試合開始の3時間前から練習して、セカンドユニットの中でのリズムをつかんだ模様。相変わらず自信満々でガキっぽい発言が目立ちますが、やることやってるなぁ。感心感心。(Arizona Republicより)


  因みにアマレ君はナッシュ、バル坊とともに2005年にカンファレンスファイナルまで行ったときの最古参メンバーですが、2006年は膝の怪我(が回復しないうちに出やがってこの野郎)でカンファレンスファイナルに出場できなかったため、喜びもひとしおのよう。で、因縁のレイカーズ戦であることについて「もの凄い楽しみだよ。ハリウッド。LA対サンズ。ラジャベルがコービーを締めあげた時からの因縁の仲だからね。あれは素晴らしいゲームだった。本当に面白かった。ラジャにメール送っておこう。”We’re back!”ってな」。ラジャ来ないかなぁ。(Arizona Republicより)

  反対側ではとんでもないことになっていますな。マイクブラウンのクビが危ういとか、レブロンは出て行くだろうとか。なんとなくおじさん応援中なので、セルツに頑張ってほしいなぁ。レブロンも嫌いじゃないんだけど後半のプレーがあまり見てて面白くないから。止められないから誰も何もいえないけど毎回ワンパターン。

広告

コメント / トラックバック2件 to “ナッシュ、アマレへのインタビューとか”

  1. 春文 said

    アイスホッケーは激しいですから見慣れてる人間からするとあれくらいでと言われますよね。

    ロビンはNBA選手ではなくアニメに関係する仕事をしたかったみたいですし華やかなのが苦手なのかミシェルウィーと付き合ってたときにマスコミを嫌いになるような事があったのかもしれませんね。

    アマレはディフェンスがいい時と悪い時の波が激しいので毎試合いいディフェンスしてくれればいいんですけど・・・

    • 春文さん
      彼は大の漫画好きらしいですね~。しかしあんなのがデスクに座ってアニメ関係の仕事している…想像しただけでも面白いです。

      彼のマスコミ嫌いは有名で、今日のArizona地元紙の取材に対しても返答が全部一言ずつ。そのあたりがまた彼のいいところなんですが。

      アマレ君のディフェンスは…相手がガソルなのですくなくともガソルが出ている間は大丈夫かと。トレード・デッドラインの頃も先に最高額の延長に成功したガソルを微妙に意識した発言がありましたし。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。