A Place In The Suns

29 teams and ONE – Phoenix Suns

  • @PlaceInSuns

    • 印象論ばかりですが見直す時間もないので以上。決して調子の良くないオフェンスは粘り強く泥臭くついていっただけに、パッとしないディフェンスに対して非常にストレスの溜まる試合でした。 1 year ago
    • ディフェンスのローテが酷いのは今に始まった話ではないが、今日は普段割と堅い(気がする)PGから崩されたから非常に目についた。しかも相手がスミスとくれば、(決して悪い選手ではないが)単に研究不足を疑うところ。 1 year ago
    • ・前半の対Iスミスが酷い。此奴はドリブルからシュートできないのに、間合い詰めすぎ。抜かれてアンダーソン、AD警戒でスカスカのペイントへ。結果ファウルも嵩む。 ・対速攻も酷い。練習してる? ・Rアンダーソンは調子良すぎた。仕方ない。 ・相手の不用意なファウルのお陰でギリギリ試合に。 1 year ago
    • この展開から勝とうとすれば、4Qのスコアは40-10以上に持っていかなきゃならない(今は21-4)。 のんびりペースを落としたオフェンスしてる場合じゃないし(ブレッドソー)、オフェンスリバウンドを取られるたびに3%ずつ勝機が失われる。 2 years ago
    • ま、またこの展開。 2 years ago
  • 購読

Amar’e Stoudemire is back!! – 残り7勝

Posted by placeinsuns : 2010/05/24

5/17 (Mon) @LAL ●107-128
5/19 (Wed) @LAL ●112-124
5/23 (Sun) @PHX ○109-118
5/25 (Tue) @PHX 9:00 ET
5/27 (Thu) @LAL 9:00 ET
5/29 (Sat) @PHX 8:30 ET
5/31 (Mon) @LAL 9:00 ET


  アマレが遂に火を噴いた。1Qから最後までエンジン全開、プレーオフキャリアハイの42得点(FG: 14-22, FT; 14-18)11リバウンド。離せばジャンプシュートをことごとく沈め、詰めればディフェンダー3人を引き連れてAnd 1。ナッシュのペネトレイトに気をとられると豪快なダンク。批判を自らの手で黙らせた。こちらとしても「黙らされた」ことを嬉しく思う。もっと黙らせてくれ(笑)

  オフェンスでは他にロビンが大活躍。これまでの2戦でも実はシュートを放てばほとんど落ちなかったのだが(8-11)、怪我から復帰した直後であったためか或いはLALの高さに対抗するためにフライを重用する目的だったのか、あまり出場時間をもらえていなかった。ポストからのフックという典型的なビッグセンターのオフェンスこそ少ないものの、ポジション取りが上手く得点パターンの多彩さを見せつけた。リバウンド面でも、彼自身のリバウンドは多くないがレイカーズのビッグマンをシャットアウトして確実に味方がボールを取れるようアシスト。この舞台にいきなり出てきてこの活躍。これでポストプレーを覚えたらどんな選手になるだろう。期待は膨らむ一方だ。

  同期のドラギッチも負けていない。流れの良くない2Qに出てきて、きっちりFTでつないだ。特にバイナムにのしかかられながらのAND 1は圧巻の一言。決してスタッツは良くないが、最近は数字には表れない形での活躍が多い。

  ナッシュ、J-Richの平常運転に、Xファクターが加わればレイカーズにだって勝てるということが分かった貴重な一勝。次もホーム。相手はディフェンディング・チャンピオンのレイカーズである以上、次の1戦もサンズにとっては第7戦と同じこと。五分に戻してロサンゼルスへ行ければ、まだ十二分にチャンスはある。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。