A Place In The Suns

29 teams and ONE – Phoenix Suns

Archive for 2010年5月26日

“10 fingers make 2 fists” – 「サンズのベンチ」復活、残り6勝

Posted by placeinsuns : 2010/05/26

5/17 (Mon) @LAL ●107-128
5/19 (Wed) @LAL ●112-124
5/23 (Sun) @PHX ○109-118
5/25 (Tue) @PHX ○105-116
5/27 (Thu) @LAL 9:00 ET
5/29 (Sat) @PHX 8:30 ET
5/31 (Mon) @LAL 9:00 ET


  ここ数年、サンズのベンチが出ている時間帯は不安でたまらなかった。「逆転されないでくれ」。バルボサしかいない得点源、貧弱なディフェンスにどうしようもないミスの数々。ナッシュが休むという以上の意味はそこにはなかった。プレーオフともなれば尚更で、スターターが40分以上の出場を強いられることは珍しいことではない。当時はこんな時が来るのを想像さえしていなかった。

  スターターの調子は決してよくなかった。彼らは専らオフェンス専門軍団。ウォーリアーズ出身のJ-Richも含めれば、「120点とられても140点とって大勝する」という前提でチーム作りが進められた時代を過ごしたものばかりだ。シュートが入らなければリズムがつかめないのは当然のことで、だからこそ安定した戦いが求められるプレーオフでは弱いと言われ続けた。実際、バスケットボールは5人しか出られないスポーツ。5人のうち2人のシュートタッチが良くなければオフェンスは上手くいかない。過去のサンズに今のスターターが入っても恐らくこのとおりの試合しかできず、今日の試合は落としていただろう。

  しかし今、フェニックス・サンズは10人でバスケットボールをしている。10人のうち何人かの調子が悪くとも、他の5人がカバーできる。今日はそんな試合だった。素晴らしいゾーンディフェンス、誰でもインサイドに飛び込んでリバウンドをとりにいくハッスルプレー、そしてどこからでも点が取れるオフェンス。ベンチの5人、ドラギッチ、バルボサ、ダドリー、アムンドソン、フライは今日のサンズの116得点のうち実に54点をあげ、+/-の合計は実に+69にのぼった。スターターの合計が-24だったこと、更にベンチは4Qの大半をレイカーズのスターターを相手に戦っていたことを思えば、実に恐ろしい数字である。

  そして、このベンチの調子を象徴するのがフライの復活。ここまで17本連続でFGを外し、NBAプレーオフ記録に迫らんばかりになっていたフライが遂に帰ってきた。2Q残り7分でバルボサの絶妙なパスを受けて放ったスリーが入ると、瞬く間に3本のスリーを沈めて完全復活。バルボサと共にベンチのスコアリングリーダーとなる14得点を叩き出し、スリーの調子がなかなかあがらないチームを救った。「今日は出場させない方がいい」という周りの雑音にも負けず、我慢して使い続けたジェントリーの期待に遂に応えた。

  2Q, 3Qの得点の半分がコービーというまさにコービー一辺倒のレイカーズに対し、10人全員でプレーしたサンズ。今季のサンズのバスケを象徴するような試合だった。これぞバスケットボール、これぞチームプレー。

  第3戦のアマレ、第4戦のベンチ。初めの2戦で欠けていたピースはホームの2戦で揃った。これで五分、2勝先取の3戦マッチ。ここからが本番だ。残り2勝でファイナル、頂点まで残り6勝。

Posted in PLAYOFFS 2010 | タグ: , , , , , , | 4 Comments »