A Place In The Suns

29 teams and ONE – Phoenix Suns

  • @PlaceInSuns

    • 印象論ばかりですが見直す時間もないので以上。決して調子の良くないオフェンスは粘り強く泥臭くついていっただけに、パッとしないディフェンスに対して非常にストレスの溜まる試合でした。 2 years ago
    • ディフェンスのローテが酷いのは今に始まった話ではないが、今日は普段割と堅い(気がする)PGから崩されたから非常に目についた。しかも相手がスミスとくれば、(決して悪い選手ではないが)単に研究不足を疑うところ。 2 years ago
    • ・前半の対Iスミスが酷い。此奴はドリブルからシュートできないのに、間合い詰めすぎ。抜かれてアンダーソン、AD警戒でスカスカのペイントへ。結果ファウルも嵩む。 ・対速攻も酷い。練習してる? ・Rアンダーソンは調子良すぎた。仕方ない。 ・相手の不用意なファウルのお陰でギリギリ試合に。 2 years ago
    • この展開から勝とうとすれば、4Qのスコアは40-10以上に持っていかなきゃならない(今は21-4)。 のんびりペースを落としたオフェンスしてる場合じゃないし(ブレッドソー)、オフェンスリバウンドを取られるたびに3%ずつ勝機が失われる。 2 years ago
    • ま、またこの展開。 2 years ago
  • 購読

2010 Pre-Draft Workouts – Vol.3 Matt Janning

Posted by placeinsuns : 2010/06/18


  ドラフトワークアウト、今までの選手はそこそこ簡単に情報が集まったのですが、今回のMatt Janningは情報があまりありません。ただ、ニックスやマーベリックスのワークアウトにも参加しているので、そこまで期待薄の選手というわけでもなさそうです。

Matt Janning, 6′ 4″ SG, North Eastern
  評価もへったくれもあったもんじゃありませんが…
・JJバレアと同じ大学。在籍時期は被っていませんが…
・ニックスのワークアウトを実際に見ていたと思われるKNICKS BLOGGERさんの情報によれば「いい選手だ。運動能力が高く、ボール運びが安定している」とのこと。
Wilmington Star Newsによると、あらゆることを無難に安定してこなすことができるが、何かに秀でているわけでもないらしい。
・2007年にColonial Athletic Association(NCAAディビジョンIのカンファレンスのひとつ)の新人王を受賞し、オールルーキーチームにも選出されている。11.8得点(新人の中ではトップ)4.5リバウンドをあげ、カンファレンス全体で10位の54本のスリーを沈め、チームハイの89アシストという数字をマーク。

  とまぁこれくらいしか集まりませんでした…というわけで私のようなサンズにしか興味がないという罰当たりなNBAファンの方以外は、こんなところで時間をつぶしてないでファイナル第7戦を見ましょう。あ、でもサンズファンでもなきゃこんなマニアックな記事すっ飛ばすか…。これだけじゃあまりに寂しいので最後にMatt Janningの動画を貼り付けておきます。下のハイライト動画では、白の23番がJanningです。ハイライト映像だとどんな選手も名選手なのでアテにはなりませんが…



広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。