A Place In The Suns

29 teams and ONE – Phoenix Suns

  • @PlaceInSuns

    • 印象論ばかりですが見直す時間もないので以上。決して調子の良くないオフェンスは粘り強く泥臭くついていっただけに、パッとしないディフェンスに対して非常にストレスの溜まる試合でした。 1 year ago
    • ディフェンスのローテが酷いのは今に始まった話ではないが、今日は普段割と堅い(気がする)PGから崩されたから非常に目についた。しかも相手がスミスとくれば、(決して悪い選手ではないが)単に研究不足を疑うところ。 1 year ago
    • ・前半の対Iスミスが酷い。此奴はドリブルからシュートできないのに、間合い詰めすぎ。抜かれてアンダーソン、AD警戒でスカスカのペイントへ。結果ファウルも嵩む。 ・対速攻も酷い。練習してる? ・Rアンダーソンは調子良すぎた。仕方ない。 ・相手の不用意なファウルのお陰でギリギリ試合に。 1 year ago
    • この展開から勝とうとすれば、4Qのスコアは40-10以上に持っていかなきゃならない(今は21-4)。 のんびりペースを落としたオフェンスしてる場合じゃないし(ブレッドソー)、オフェンスリバウンドを取られるたびに3%ずつ勝機が失われる。 2 years ago
    • ま、またこの展開。 2 years ago
  • 購読

ジャミーア・ネルソンから見るPGの条件 – その1

Posted by placeinsuns : 2010/12/24



久々のクセにネタはサンズじゃねぇし…とお考えの方、ちゃんと話は繋げる予定ですので今回の所はご容赦を。色々実験中なので、レイアウトがおかしいとか、フォントサイズが狂ってるとか、改行が変だとか、お前の頭イカれてるとかありましたらコメント欄に。個別の案件に対応できるよう、しっかり努力します。しっかり。

BSでマブス@マジックを見ていて思ったことをつらつらと書きます。べ、別に元サンズの選手が多いから見たわけじゃないんだからねっ!マジックの試合はあまり見ないので、ほとんど知ったかぶりの恐れあり。プレーについても勉強不足なので根本的におかしいかも。実は、その2だけを見れば言いたいことは足ります。その1要りません。駄文注意、長文危険、異論反論大歓迎。

突然ですが、良いPGの条件とは何でしょうか。NBAを見ていると、ナッシュはもちろんのこと…ペネトレイトで圧倒するポール、ロンド、パーカー、アウトサイドからも狙えるパワータイプのデロン、キッド、プレーメーカーとしてチーム全体を指揮するのを優先するビラップスなどなど…評価やタイプの分け方は人それぞれでしょうが、実に多種多様です。ですが、彼らにはある程度共通する要素があります。これを賛否両論あるマジックのPG、ジャミーア・ネルソンに当てはめながら見ていきます。

当たり前ですが、まず①ハンドリング力があること。ボールハンドリングが上手くないと、プレーを指揮するどころではありません。ハーフコートに到達する前に相手のガードにスティールされるようではお話になりませんし、そんなことでは時間が残り少ない時に安心してボールを任せることができる選手がいなくなってしまい、本来シュートを撃ちたいSGやSFが自由に動けなくなります(正確に言えばSGかSFがポイントガードなりポイントフォワードなりの役目を果たすことになります)。この点、ネルソンはハンドリング力を持っているので問題なし。ペネトレイトした時にボールを失う、という場面は殆どありませんでした。

そして②パスの能力が高いこと、が必要になります。もちろんロンドやポール、ナッシュのようにアシスト能力が高い選手もいれば、ビラップスやパーカーのようにアシスト数で見れば並の選手もいますが、ここで求められているのは「シューターに撃ちやすいパスを出したり、インサイドにアリウープパスを投げる」アシスト能力のことではなく、「スティールされずに適格な選手にボールを渡すことができる」最も基本的なパス能力のことです。これも当たり前ですが、ハンドリングに比べて実力にはかなりばらつきがある項目で、ここで大体下位のチームのPGは振り分けられていきます。もちろんこれには、「パス相手とちゃんとコミュニケーションがとれる」ということも含まれていて(よく実況が使うNot on the same pageというのは、主にコミュニケーション不足を指しています)、外国人PGはこの部分で苦労するコトもしばしばです。ネルソン、これも問題なし。パスをスティールされてターンオーバーというシーンはあまり多くはありません。あのサイズではむしろ上手い方でしょう。

そして③何か強力な武器を持っていること。これはPGに限らずどのポジションにも必要なことですが、特にPGには「何か一つ秀でたもの」が求められることが多く、ここで優秀なスターターPGと堅実なロールプレイヤーPGが分かれます。ナッシュならあの独特のステップとほとんど異常なシュート力、ポールやロンドならスピード、キッドやデロンならパワーといったように。ネルソンの場合、スピードはもちろんのこと、シュート力が十二分に武器たりえます。スポットアップでスリーを撃てないのが少々難点ですが、ハワードへのダブルチームを前提としたチーム作りなのでほぼ問題なし。

ここまで、ネルソンに足りていないものはありません。ハンドリング力はピックからレイアップを何本も決められますし、相手にパスが通らない、ということもありません。武器もあります。ただ、それでも彼に無いものがひとつあります。

続きます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。