A Place In The Suns

29 teams and ONE – Phoenix Suns

  • @PlaceInSuns

    • 印象論ばかりですが見直す時間もないので以上。決して調子の良くないオフェンスは粘り強く泥臭くついていっただけに、パッとしないディフェンスに対して非常にストレスの溜まる試合でした。 1 year ago
    • ディフェンスのローテが酷いのは今に始まった話ではないが、今日は普段割と堅い(気がする)PGから崩されたから非常に目についた。しかも相手がスミスとくれば、(決して悪い選手ではないが)単に研究不足を疑うところ。 1 year ago
    • ・前半の対Iスミスが酷い。此奴はドリブルからシュートできないのに、間合い詰めすぎ。抜かれてアンダーソン、AD警戒でスカスカのペイントへ。結果ファウルも嵩む。 ・対速攻も酷い。練習してる? ・Rアンダーソンは調子良すぎた。仕方ない。 ・相手の不用意なファウルのお陰でギリギリ試合に。 1 year ago
    • この展開から勝とうとすれば、4Qのスコアは40-10以上に持っていかなきゃならない(今は21-4)。 のんびりペースを落としたオフェンスしてる場合じゃないし(ブレッドソー)、オフェンスリバウンドを取られるたびに3%ずつ勝機が失われる。 2 years ago
    • ま、またこの展開。 2 years ago
  • 購読

椎間板ヘルニア(Bulging / Herniated Disks)


  ロビン・ロペスが2010年3月末からBulging Disksに悩まされているとの話だったので、少し調べてみました。尚、ここの情報をアテにして自身で治療することは避けてください(まぁそんな人いないと思いますが)。
 
椎間板とは
 
  椎間板は、椎骨(脊椎の中の一つ一つの骨)と椎骨の間にあるもので、大量の水分をもちゼラチン状でやわらかい髄核(ずいかく)と、それを覆う比較的硬い繊維輪(せんいりん)からなっており、脊椎にかかる体重を支えるクッションのような役割を果たしています。クッションの役割を果たすのが髄核で、それを覆い外部から保護するのが繊維輪と理解すればいいと思います。

 
 
Bulging Disks(膨隆型椎間板ヘルニア)とHerniated Disks(脱出型椎間板ヘルニア)
 
  椎間板は、繰り返し負担をかけることによって少しずつヒビが入り、弱くなっていきます。これが髄核におよび髄核内の水分が失われ始めると、椎間板のクッションとしての機能が弱くなるだけでなく、クッション機能の低下によってより椎間板にヒビが入りやすくなりようになり、さらに水分が失われやすくなるという悪循環に陥ります。
 
  このような椎間板の機能の低下によって脊髄が衝撃を吸収しきれなくなるほどになると、椎間板自体の厚みが減り、つぶれたようになって周囲にはみ出したようにでっぱってきます。これが慢性的に神経を刺激することによって、膨隆型椎間板ヘルニアと呼ばれる症状が発生することになります。慢性的に繊維輪そのものが変形してしまうため治りにくいのですが、圧迫量が脱出型に比べて少ない分痛みは小さいという特徴があります。

 
  なお脱出型椎間板ヘルニアは、大きな力が加わった時に繊維輪に大きなヒビが入り、そこから髄核が突出してしまうことにより神経を刺激することをいいます。ヒビが入った瞬間に脱出も起こるため、突如として激しい痛みに襲われますが、膨隆型と比べると症状の改善は早いといわれています。

 
  症状はどこの椎間板が突出するかによって変わります。例えば腰付近の椎間板がヘルニアになったのであれば腰や脚に痛みが出ますし、背中の上部の椎間板がヘルニアにかかったのなら腕や肩に痛みがでます。稀に首近くの椎間板がヘルニアになることもありますが、多くの場合比較的大きな重量に耐えることになる、腰のあたりの椎間板がヘルニアにかかります。
 
 
治療
a) 保存的療法
  症状の具合と痛みの程度によって決まります。すぐに処置が必要な場合もあれば、炎症止め、痛み止めを服用し安静にしていればよい場合もあります。もし突出が激しいようなら、手術が必要なケースもあります。治療は、患者ができるだけ早く痛みなく動けるようにすることを目的として行われ、リハビリを通じてそれ以上の機能低下を防ぐようにします。理学療法を用いることも効果的で、リハビリの効果をかなり促進させます。専門の理学療法士とのワークアウトは炎症や痛みを抑え、体本来の強さを戻し、簡単に日常生活に戻ることにつながります。特に背中が痛む場合には効果的です。
b) 安静
  とにかく安静にしていることが大事です。大半の場合、体は完全な休息を求めており、そうすることで脊髄にかかる負担を軽減することができます。膝の下にクッションを置くのが効果的な場合もあります。安静が大事と言ってもベッドに寝ているのではなく、ある程度の軽い動きを試しながら、少しずつ日常生活に戻していくことが重要です。
c) ステロイドの硬膜外注射(Epidural Steroid Injection)
  痛み止めとして用いられ、炎症を抑える効果があります。
 

参考:
http://www.helnianavi.com/genin/youtsui.html
http://www.oie.or.jp/html/disease/herunia.htm
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A4%8E%E9%96%93%E6%9D%BF%E3%83%98%E3%83%AB%E3%83%8B%E3%82%A2
http://www.buzzle.com/articles/bulging-disk.html

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。