A Place In The Suns

29 teams and ONE – Phoenix Suns

Posts Tagged ‘Jared Dudley’

This is Phoenix Suns Basketball

Posted by placeinsuns : 2010/05/30

5/17 (Mon) @LAL ●107-128
5/19 (Wed) @LAL ●112-124
5/23 (Sun) @PHX ○109-118
5/25 (Tue) @PHX ○105-116
5/27 (Thu) @LAL ●101-103
5/29 (Sat) @PHX ●111-103
5/31 (Mon) @LAL 9:00 ET


  前半は離された。アーテストが決めていたせいもあってとにかくディフェンスが良くない。ことごとくワイドオープンの選手をつくってしまっていた。緊張か疲労か、足が動いていなかった。3Q、スターターが入ってますます離され、遂にGame 5と同じ18という絶望的な点差になった。3Q終了時で点差は17。12分で17点差をサンズは追いつき、追い越さねばならなかった。会場にいたファンでさえも静まり返り、誰もが心のどこかで終わりを覚悟した。

  4Q。どんな状況でもローテーションを崩さないジェントリーはベンチ4人とアマレをコートへ。開始40秒ほどでドラギッチがジャンパーを決めた後、ブヤチッチとドラギッチがトラッシュトーク。ブヤチッチがドラギッチの顎に肘を入れてフレグラント。全く必要のない場面での肘うちだった。レイカーズにとっては。

  しかしサンズにとってはこの肘うちは大きな意味をもたらした。それまでは水を打ったように静まり返っていたU.S. Airways Centerのオレンジ一色の観客は、その肘うちがスクリーンに映されるや否や尋常でない音量で歓声を送り始め、ベンチはそれに応じて覚醒した。

  ドラギッチはフレグラントのフリースロー2本、そしてインバウンズからのプレー、更にはその次のプレーでもレイアップを決め、開始90秒で8点。点差は一瞬で一桁へと戻った。その後も一気に攻勢に出るサンズ。アマレの活躍もあって16-4のラン。4Qが半分終わる前に、17あった点差はわずかに5。Game 5同様、ふたたび大量点差を一気に引き戻してきたベンチをジェントリーはその後もコートに置き続けた。あと5点。時間はまだ6分ある。十分に追いつける点差だ。

  だが、バルボサとドラギッチがスリーを1本ずつ、ショットクロックがまだ進んでいない状況で外したことにより、無情にも流れは逃げていってしまう。我慢の展開を待っていたのはコービー・ブライアント。このあと悉くジャンパーを決められ、或いはファールを奪われてしまったサンズはいつまでも5点差を追う展開に持ち込まれてしまい、点差はそのままに時間だけが変わっていく。残り3分でスターターが戻るも刻一刻と迫るシーズンエンド。数々の修羅場を潜り抜けてきたナッシュとアマレが、コービーのシュートが外れればいつでも追撃ができるようにと必死につなぐが、この二人からひとつずつ土壇場で出てしまったターンオーバー二つ、そしてヒルの必死のチェックもむなしく決められてしまった残り30秒、5点差の場面でのコービーのフェイダウェージャンパーにより勝敗、シリーズの行方、そして2009-10シーズンのサンズの結末が決まった。ナッシュはスリーを決めて必死に追いすがるが、もはや万事休す。あと3点で運命は変わっていたかもしれない。だがその3点は遂に埋まることはなく、2010年のサンズは終わりを迎えた。

  これで今季の全試合が終了した。今季、サンズは最後の最後まで素晴らしい”Phoenix Basketball”を展開した。10人のローテーション、日替わりのヒーロー、そしてチーム・ケミストリー。個々の能力は決して高くはない。恐らくカンファレンスファイナルまで進んだ4チームの中ではもっともタレントの少ないチームといえるかもしれない。それでもサンズはここまで辿り着き、バスケットボールがチーム・スポーツであることを体現した。このメンバーで最後まで来れて本当に良かった。結果には決して満足してはいない。していないが、素晴らしいシーズンだった。それにまだ改善の余地、成長の余地はいくらでもある。来季はきっと、もっと強くなる。そう確信させてくれるゲームを最後までしてくれた。

  これからサンズは長いオフシーズンに入る。今季の余韻に浸る間もなく、山積している問題を一つ一つ解消していくことになる。その過程で何人かはチームを離れることになり、また新しいメンバーが加わることになるだろう。変化の激しいNBAにおいて、ずっと同じチーム、同じ仲間ではいられない。いずれチームは変わっていく。それでも私は今の13人を忘れることはないだろう。Go Suns. 長いようで短かったフェニックス・サンズの2009-10シーズンは、64勝34敗、頂点まであと6勝足りずに幕を下ろした。

Posted in PLAYOFFS 2010 | タグ: , , , , , , , , , , , | 10 Comments »

“10 fingers make 2 fists” – 「サンズのベンチ」復活、残り6勝

Posted by placeinsuns : 2010/05/26

5/17 (Mon) @LAL ●107-128
5/19 (Wed) @LAL ●112-124
5/23 (Sun) @PHX ○109-118
5/25 (Tue) @PHX ○105-116
5/27 (Thu) @LAL 9:00 ET
5/29 (Sat) @PHX 8:30 ET
5/31 (Mon) @LAL 9:00 ET


  ここ数年、サンズのベンチが出ている時間帯は不安でたまらなかった。「逆転されないでくれ」。バルボサしかいない得点源、貧弱なディフェンスにどうしようもないミスの数々。ナッシュが休むという以上の意味はそこにはなかった。プレーオフともなれば尚更で、スターターが40分以上の出場を強いられることは珍しいことではない。当時はこんな時が来るのを想像さえしていなかった。

  スターターの調子は決してよくなかった。彼らは専らオフェンス専門軍団。ウォーリアーズ出身のJ-Richも含めれば、「120点とられても140点とって大勝する」という前提でチーム作りが進められた時代を過ごしたものばかりだ。シュートが入らなければリズムがつかめないのは当然のことで、だからこそ安定した戦いが求められるプレーオフでは弱いと言われ続けた。実際、バスケットボールは5人しか出られないスポーツ。5人のうち2人のシュートタッチが良くなければオフェンスは上手くいかない。過去のサンズに今のスターターが入っても恐らくこのとおりの試合しかできず、今日の試合は落としていただろう。

  しかし今、フェニックス・サンズは10人でバスケットボールをしている。10人のうち何人かの調子が悪くとも、他の5人がカバーできる。今日はそんな試合だった。素晴らしいゾーンディフェンス、誰でもインサイドに飛び込んでリバウンドをとりにいくハッスルプレー、そしてどこからでも点が取れるオフェンス。ベンチの5人、ドラギッチ、バルボサ、ダドリー、アムンドソン、フライは今日のサンズの116得点のうち実に54点をあげ、+/-の合計は実に+69にのぼった。スターターの合計が-24だったこと、更にベンチは4Qの大半をレイカーズのスターターを相手に戦っていたことを思えば、実に恐ろしい数字である。

  そして、このベンチの調子を象徴するのがフライの復活。ここまで17本連続でFGを外し、NBAプレーオフ記録に迫らんばかりになっていたフライが遂に帰ってきた。2Q残り7分でバルボサの絶妙なパスを受けて放ったスリーが入ると、瞬く間に3本のスリーを沈めて完全復活。バルボサと共にベンチのスコアリングリーダーとなる14得点を叩き出し、スリーの調子がなかなかあがらないチームを救った。「今日は出場させない方がいい」という周りの雑音にも負けず、我慢して使い続けたジェントリーの期待に遂に応えた。

  2Q, 3Qの得点の半分がコービーというまさにコービー一辺倒のレイカーズに対し、10人全員でプレーしたサンズ。今季のサンズのバスケを象徴するような試合だった。これぞバスケットボール、これぞチームプレー。

  第3戦のアマレ、第4戦のベンチ。初めの2戦で欠けていたピースはホームの2戦で揃った。これで五分、2勝先取の3戦マッチ。ここからが本番だ。残り2勝でファイナル、頂点まで残り6勝。

Posted in PLAYOFFS 2010 | タグ: , , , , , , | 4 Comments »

サンズ、ホームコート死守。Great Team Victory – 残り10勝

Posted by placeinsuns : 2010/05/06

5/3 (Mon) @PHX ○102-111
5/5 (Wed) @PHX ○102-110
5/7 (Fri) @SAS 9:30 ET
5/9 (Sun) @SAS 8:00 ET
5/11 (Tue) @PHX 10:30 ET
5/13 (Thu) @SAS TBD
5/16 (Sun) @PHX TBD


  嬉しくて嬉しくて。1Qを見ている限りでは「今日はもうダメか…」と思わせるような両チームのディフェンス。もちろんスパーズが良くてサンズがダメ。ダンカン絶好調。しかしここからが素晴らしかった。2Qに入っていつも通りベンチ登場。すると瞬く間にオフェンスリバウンドを積み重ね、2Q開始3分間だけで8個ものオフェンスリバウンドを奪う。シュートは外れに外れているのに点差は詰まるという、いつもは
サンズがやられているパターンをそっくりそのままお返し。ベンチが粘りに粘って縮めた点差をスターターが引継ぎ、2Q最後に9-2のランを見舞って同点。この時点でサンズのFG%は31%、スパーズは48%。スコアは51-51。どうなってんの(笑)

  後半は一進一退。そしてこれをやぶったのがまたもやベンチ。フライは今までの不調がウソのようにぽんぽんスリーを放り込み、肝心なところでダドリーがナイスプレーを連発。スティール、スリー、走りこんでのレイアップ。トレードでフェニックスにやってきたとき、誰がこうなると思っただろう。フライにしたって、今年の最初にこの活躍を予想した人など皆無のハズ。ナッシュをきっちりいつも通りの残り6分まで休ませてからスターター登場(フライファールトラブルに加え相手がスモールラインナップだったので、SFダドリー、PFヒル、Cアマレ)。再び11-4のランで差を11点にまで拡げて、ほぼそのままゲームセット。ヒルがダンカンとマッチアップしている時に2本連続でダンカンの上からジャンプシュートを決めていたのが印象的。一昨日ほどサンズのBig 3が機能したわけではないが、ヒル、フライ、ダドリーなど「脇役」がステップアップしての勝利。こんなに嬉しいことはない。

  ただ、最後にダンカンのスリーが炸裂した。2008年のプレーオフ、OT最後の5秒が脳裏をよぎった人は少なくないだろう。ダンカンがスリーを決める、そういうシリーズだということ。まだホームコートを守っただけ。本当の戦いはこれからだ。

Link
NBA.com – Los Suns take stand, take two game lead in series
Arizona Republic – Suns take 2-0 series lead over Spurs
Bright Side Of The Sun – Phoenix Suns Survive San Antonio Spurs to WIN Game 2, Take 2-0 Lead in Series
mySA.com – Spurs head home facing daunting 0-2 deficit

おまけ

  最初は不吉なデータで申し訳ないが…
カンファレンス・セミファイナルで最初の2戦を連取したのは95年、対ロケッツ戦以来。その前の年もやはりロケッツに準決勝でアウェーを連取。この2年、どちらもチャンピオンは…この2年間がジョーダンブルズの合間であることをいえば大体分かる方が多いかと。
ただ、その前の1993年プレーオフは、カンファレンスセミファイナルでスパーズにホームで連勝、そのままファイナルへ進出している。
サンズ、最初にファイナルに進出したのが1976年(このとき、サンズはなんとプレーオフ出場自体がまだ2回目のチーム)。それから17年後の1993年、バークレー時代に再びファイナル進出。1993年の17年後は…!

Posted in PLAYOFFS 2010 | タグ: , | Leave a Comment »