A Place In The Suns

29 teams and ONE – Phoenix Suns

  • @PlaceInSuns

    • 印象論ばかりですが見直す時間もないので以上。決して調子の良くないオフェンスは粘り強く泥臭くついていっただけに、パッとしないディフェンスに対して非常にストレスの溜まる試合でした。 1 year ago
    • ディフェンスのローテが酷いのは今に始まった話ではないが、今日は普段割と堅い(気がする)PGから崩されたから非常に目についた。しかも相手がスミスとくれば、(決して悪い選手ではないが)単に研究不足を疑うところ。 1 year ago
    • ・前半の対Iスミスが酷い。此奴はドリブルからシュートできないのに、間合い詰めすぎ。抜かれてアンダーソン、AD警戒でスカスカのペイントへ。結果ファウルも嵩む。 ・対速攻も酷い。練習してる? ・Rアンダーソンは調子良すぎた。仕方ない。 ・相手の不用意なファウルのお陰でギリギリ試合に。 1 year ago
    • この展開から勝とうとすれば、4Qのスコアは40-10以上に持っていかなきゃならない(今は21-4)。 のんびりペースを落としたオフェンスしてる場合じゃないし(ブレッドソー)、オフェンスリバウンドを取られるたびに3%ずつ勝機が失われる。 2 years ago
    • ま、またこの展開。 2 years ago
  • 購読

Posts Tagged ‘Leandro Barbosa’

The End of an Era – Farewell, Leandro!

Posted by placeinsuns : 2010/07/14



  昨日はバル坊の放出のニュースから現実逃避するためにサラリーキャップシリーズの更新なんぞをしていましたが、避けて通るわけにもいかんですし…。

  カンファレンスファイナル第6戦のロッカールームをチームメイトよりも一足早く出た、という話を聞いて、少なからぬ人がこの時が来るのを予感し、恐らく本人も覚悟していたのでしょう。決してケミストリーを乱すような性格ではなく、むしろ積極的にチーム内の誰とも関わっていくような彼が、何故仲間が「来季こそは」と涙している脇を足早に通り過ぎて行ったのか。


  2003年のドラフト、当日のスパーズとのトレードで彼はサンズに入団。当時からそのスピードが注目を集めていました。当時を振り返って思い出してみると…「スパーズの外人ドラフトだからきっとアタリ」という下世話な評価をしていた記憶があります。1年目はサンズが再建中のチームであったこと、スターティングPGのマーブリーがニックスに移籍したこと、またダントーニHC就任によりオフェンスがアップテンポになったことにより、先発として多くの出場機会を得ていました。このときは「28位の掘り出し物(ほらやっぱり)」という評価でしたが、経験不足もあったのでしょうかあまり安定しませんでした。オフシーズンには田臥との第3PG争いなんていう話題もありましたね(PGとしての資質は、外国人だということを除いても最後までイマイチでした)。ベンチからの出場となりましたが、FAで加入したナッシュ、Q-Rich、遂に開花したJJというバックコート陣の前に、出場機会はあまり多くはありませんでした。好不調の波が激しいプレーは変わらず、そのためかプレーオフでは出場しない試合もあったほどです。

  才能の片鱗を見せ始めたのは翌シーズン、2005-06になり、ダントーニHCの兄であるDan D’Antoniがアシスタントコーチとしてつきっきりでバルボサの指導に当たるようになってからでした。このオフにJJとQ-Richのどちらも失ったサンズはラジャ・ベルをFAで入れたものの、バックコートが圧倒的に薄くなってしまいました(現にSFは最後まで先発が定まりませんでした)。そのためにベンチ出場ながら多くの出番が回ってきたバルボサは期待に応えます。彼のレイアップがハイライト動画に取り上げられるようになったのもこの辺りからです。怪我に苦しみながらも、爆発力をそのままに安定した活躍もできるようになりました。特に先発SGのベルがディフェンシブな選手であったこと、更にディアウがセンターまで守れる体格を持ちながらPGをつとめることができたことが、サイズ不足でディフェンス面に難がある彼に幸いしました。「流れを変える選手」として、プレーオフでも数少ないベンチとして存在感を見せつけます。人懐こい笑顔と、誰にでも好かれるその性格からファンからも愛される存在になりました。

  2006-07シーズン、遂に怪我で前シーズンを完全に棒に振ったアマレが復活して、2000年から2009年の「最強チームベスト10」にも選ばれるほど凶悪なチームとなったサンズは、「ただでさえ走りまくるチームだが、更にバルボサがそのスピードを加速させている」超攻撃的なチーム。バルボサ自身はこの年、ファストブレイクからの得点を量産し、ショットクロック残り20秒でリムに突っ込んでレイアップした次のオフェンスでは、同じショットクロック残り20秒で今度はナッシュからのロングパスを受けてコーナーでスリー、はたまたペースダウンしたかと思いきやチェンジ・オブ・ペースからディフェンダーを抜き去って、ビッグマンと衝突しながらアンドワンというような恐ろしい速さのオフェンスを展開。ドリブルしているバルボサに、大概の相手のディフェンダーは(ボールを持っていないのに)全力疾走でも追いつけないという有様で、ナッシュ、ベル、マリオンとの競演は正に”7 Seconds Or Less”そのものでした。チームメイトのカート・トーマスがハーフラインを超える前にバルボサがレイアップを決めて戻り始めているなど、当時は別に珍しくありませんでした。このシーズンのバルボサの平均18.1得点は、リーグトップのオフェンスチームであるサンズの中でアマレ(20.4)、ナッシュ(18.6)に次ぐ3番目。ナッシュはファールゲームでの得点がありますので、実質アマレに次ぐスコアラーでした。更にアウトサイドシュートの精度も落とさず、43%という高確率のスリー、また腕の長さを活かしたスティールも1試合平均1.2を数え、1位票127の内101票を獲得、満点635得点中、578得点という圧倒的な支持でNBA Sixth Man Awardを受賞。受賞当時、プレーオフ1回戦の相手だったコービーのインタビューが面白いので、振り返ってみましょう。

(バルボサをどう止めるかについて聞かれて)「サッカーボールを与えるね。ブラジル人はサッカーをすべきだ。バスケじゃない。」

(Game 2後のインタビューで、あるプレーについて)「その時、彼にはスマッシュ・パーカーがついていて、スマッシュはまるで彼との間に5フィートの緩衝材をつけているかのようだった。」「俺はラジャ・ベルのマークのためにコーナーにいた。見てみると、バルボサはハーフラインにいる。スマッシュはスリーポイントラインに下がっているところだった。(ラジャ・ベルに)向き直ると、あの坊やはもうリム目前だった。俺は『何だこれは…』という気分だった。」

ついでにシックススマン賞受賞当日に唯一否定的な(?)発言をしたフィル・ジャクソン。Brazillian Blurと呼ばれていることについて、「随分弱々しいニックネームだ。」「もう少しマシな呼び方はなかったものだろうか、Blitz(電撃)でもいい。Blur(瞬き)では彼の速さも表せはしない。彼は実際、もっと速い」

  プレーオフでは結局セミファイナルでスパーズ相手に(アマレとディアウの不可解な出場停止もあり)敗れてしまいますが、バルボサは最後まで大活躍を続けました(勝負弱いなどの非難はありましたが…)。

  カート・トーマス、マリオン、ベル、ディアウ…次々とチームを去り、変わっていくチームメイト。それでもバルボサはその後も変わらぬ活躍を続けます。しかし、2008年のダントーニ退陣が、他の誰よりも彼にとって致命的なものとなりました。スタッツの上ではさほど変わらずとも、オフェンスのペースが落ちたことにより彼は自らのスピードを活かしきれなくなり、逆にディフェンス面での「サイズ不足」という、彼自身にはどうしようもない欠点が露呈してしまいます。テリー・ポーターとシャックの時代も相変わらず高得点をマークし、また不満を口に出すようなことはありませんでしたが、どこか居心地の悪そうな、窮屈なプレーが目立つようになりました。ジェントリーがHCになってようやく彼の時代が戻ってきたかと思われましたが、2009-10シーズンではオフにブラジル代表としてプレーした時の怪我が響き、出場したのは44試合。ドラギッチ、ダドリーが成長し、彼の穴埋めをしていたことをを喜ぶ反面、健康体でいられない自分に苛立っているシーンも見受けられました。そして戻ってみると、彼を待っていたのはダントーニが築いた、慣れ親しんだラン&ガンスタイルではなく、また隣にいるのもナッシュではありませんでした。新たなローテーションで、ベンチメンバーの中で結果を出そうとして1オン1から空回りする場面も多い日々。どんなメンバーとも仲は良かったものの、プレー自体は孤立するシーンも目立ちました。それでも2度目の怪我から復帰してわずか1ヶ月で自分の役割をきちんと理解し、プレーオフでは短くなった出場時間内でも、ドラギッチの隣できっちり周りに合わせたプレーをし、ゾーンディフェンスを理解していました。ハイライトはドラギッチが4Qに23得点をあげて勝利したスパーズとの西セミファイナル第3戦。ドラギッチのプレーをサポートし、得点を取ることに集中させながら、彼自身も4Qだけで2桁得点をあげて逆転勝利に貢献。レイカーズ戦でも未熟なドラギッチのサポート役に回る一方、必要な時に点を取りにいくというスタイルでチームに貢献しました。

  しかし、冒頭のように、彼はナッシュがインタビューに涙している中、足早にロッカールームを去っていきました。出場時間平均17分で6ミリオン以上の契約、怪我もち、もう若手とは言いがたいサイズ不足のSG。方やまだルーキー契約下の、将来有望で十分な爆発力を備えているPGに、どこでも守れるスリーポイント成功率がリーグトップクラスのSF。互いに素晴らしいケミストリーを築いたHCや仲間が語る「来季こそは」。キャリアの大半を同じチームで過ごしてきた戦友、そして親友ナッシュが涙ながらに語るチームの将来―でも、そこに自分はいない。彼は恐らく理解した上で、そんな中に加わって自らも将来を見ざるを得ない、そんなインタビューを受けたくなかったのかもしれません。だからこその、早い別れだったのかもしれません。

  このトレードにより、2004年の誰もが愛した「シンデレラチーム」からサンズに在籍している選手はナッシュただ一人。2006-07の「最強チーム」からサンズで活躍しているのも、ナッシュのみ。「ラン&ガン」、そして「7 Seconds Or Less」の時代は、このオフ、このトレードで完全に終焉を迎え、既に新たな時代が始まっています。来季がどうなるかは分かりません。これが良い変化なのかも。バルボサの新天地での活躍を祈ります。でも互いの未来を見る前に、あの人懐こい笑顔を忘れる前に、彼のいないサンズのベンチを見る前に、一言だけ。「ありがとう、バルボサ」


It is a mistake to try to look too far ahead. The chain of destiny can only be grasped one link at a time.
– Sir Winston Churchill  

(遥か彼方を見ようとするのは過ちである。運命の鎖は一度にひとつの輪しかつかめない。―2010年ウエスタン・カンファレンス・ファイナル、サンズにとっては崖っぷちのGame 6の試合開始前に、コーチのダン・マーリーがロッカールームのホワイトボードに引用した言葉より)

広告

Posted in 退団, News, Summer of 2010 | タグ: , , | 9 Comments »

ターコルーとチルドレス合意間近。バルボサはトロントへ。

Posted by placeinsuns : 2010/07/12


  単なる噂かと思いましたが、既に合意間近とのこと。チルドレスはホークスとのサイン&トレード、ターコルーは‥ドウェイン・ジョーンズとバルボサとのトレードだそう。

  とりあえず‥チルドレスは5年34ミリオンだそうです。どんな時代にも長期契約はリスキーではありますが、彼のような優秀なディフェンダーに払うなら悪くない値段。ヒルの引退後を見据えての補強でしょう。一方のターコルーは正直疑問。平均10ミリオンオーバーの契約が4年残っている選手を引き取る意図が見えません。当然スターティングPFでしょうが、カルデロンと上手くやれなかった彼がナッシュと共存できるのでしょうか。。

  で、ラインナップは以下のようになります。

PG: ナッシュ、ドラギッチ
SG: J-Rich、チルドレス、(→バルボサ)
SF: ヒル、ダドリー、クラーク
PF: ターコルーウォリック、(Lou)、(→アマレ)
C: ロビン、フライ、コリンズ

  ロスターはこれでほぼ完成でしょう。どうしてもフィジカル面に強いPF不在が目立ちますが。。ディフェンスはアール・クラークが担当するんでしょうか。或いはフライとか?

Posted in News, Summer of 2010 | タグ: , , | 6 Comments »

This is Phoenix Suns Basketball

Posted by placeinsuns : 2010/05/30

5/17 (Mon) @LAL ●107-128
5/19 (Wed) @LAL ●112-124
5/23 (Sun) @PHX ○109-118
5/25 (Tue) @PHX ○105-116
5/27 (Thu) @LAL ●101-103
5/29 (Sat) @PHX ●111-103
5/31 (Mon) @LAL 9:00 ET


  前半は離された。アーテストが決めていたせいもあってとにかくディフェンスが良くない。ことごとくワイドオープンの選手をつくってしまっていた。緊張か疲労か、足が動いていなかった。3Q、スターターが入ってますます離され、遂にGame 5と同じ18という絶望的な点差になった。3Q終了時で点差は17。12分で17点差をサンズは追いつき、追い越さねばならなかった。会場にいたファンでさえも静まり返り、誰もが心のどこかで終わりを覚悟した。

  4Q。どんな状況でもローテーションを崩さないジェントリーはベンチ4人とアマレをコートへ。開始40秒ほどでドラギッチがジャンパーを決めた後、ブヤチッチとドラギッチがトラッシュトーク。ブヤチッチがドラギッチの顎に肘を入れてフレグラント。全く必要のない場面での肘うちだった。レイカーズにとっては。

  しかしサンズにとってはこの肘うちは大きな意味をもたらした。それまでは水を打ったように静まり返っていたU.S. Airways Centerのオレンジ一色の観客は、その肘うちがスクリーンに映されるや否や尋常でない音量で歓声を送り始め、ベンチはそれに応じて覚醒した。

  ドラギッチはフレグラントのフリースロー2本、そしてインバウンズからのプレー、更にはその次のプレーでもレイアップを決め、開始90秒で8点。点差は一瞬で一桁へと戻った。その後も一気に攻勢に出るサンズ。アマレの活躍もあって16-4のラン。4Qが半分終わる前に、17あった点差はわずかに5。Game 5同様、ふたたび大量点差を一気に引き戻してきたベンチをジェントリーはその後もコートに置き続けた。あと5点。時間はまだ6分ある。十分に追いつける点差だ。

  だが、バルボサとドラギッチがスリーを1本ずつ、ショットクロックがまだ進んでいない状況で外したことにより、無情にも流れは逃げていってしまう。我慢の展開を待っていたのはコービー・ブライアント。このあと悉くジャンパーを決められ、或いはファールを奪われてしまったサンズはいつまでも5点差を追う展開に持ち込まれてしまい、点差はそのままに時間だけが変わっていく。残り3分でスターターが戻るも刻一刻と迫るシーズンエンド。数々の修羅場を潜り抜けてきたナッシュとアマレが、コービーのシュートが外れればいつでも追撃ができるようにと必死につなぐが、この二人からひとつずつ土壇場で出てしまったターンオーバー二つ、そしてヒルの必死のチェックもむなしく決められてしまった残り30秒、5点差の場面でのコービーのフェイダウェージャンパーにより勝敗、シリーズの行方、そして2009-10シーズンのサンズの結末が決まった。ナッシュはスリーを決めて必死に追いすがるが、もはや万事休す。あと3点で運命は変わっていたかもしれない。だがその3点は遂に埋まることはなく、2010年のサンズは終わりを迎えた。

  これで今季の全試合が終了した。今季、サンズは最後の最後まで素晴らしい”Phoenix Basketball”を展開した。10人のローテーション、日替わりのヒーロー、そしてチーム・ケミストリー。個々の能力は決して高くはない。恐らくカンファレンスファイナルまで進んだ4チームの中ではもっともタレントの少ないチームといえるかもしれない。それでもサンズはここまで辿り着き、バスケットボールがチーム・スポーツであることを体現した。このメンバーで最後まで来れて本当に良かった。結果には決して満足してはいない。していないが、素晴らしいシーズンだった。それにまだ改善の余地、成長の余地はいくらでもある。来季はきっと、もっと強くなる。そう確信させてくれるゲームを最後までしてくれた。

  これからサンズは長いオフシーズンに入る。今季の余韻に浸る間もなく、山積している問題を一つ一つ解消していくことになる。その過程で何人かはチームを離れることになり、また新しいメンバーが加わることになるだろう。変化の激しいNBAにおいて、ずっと同じチーム、同じ仲間ではいられない。いずれチームは変わっていく。それでも私は今の13人を忘れることはないだろう。Go Suns. 長いようで短かったフェニックス・サンズの2009-10シーズンは、64勝34敗、頂点まであと6勝足りずに幕を下ろした。

Posted in PLAYOFFS 2010 | タグ: , , , , , , , , , , , | 10 Comments »

“10 fingers make 2 fists” – 「サンズのベンチ」復活、残り6勝

Posted by placeinsuns : 2010/05/26

5/17 (Mon) @LAL ●107-128
5/19 (Wed) @LAL ●112-124
5/23 (Sun) @PHX ○109-118
5/25 (Tue) @PHX ○105-116
5/27 (Thu) @LAL 9:00 ET
5/29 (Sat) @PHX 8:30 ET
5/31 (Mon) @LAL 9:00 ET


  ここ数年、サンズのベンチが出ている時間帯は不安でたまらなかった。「逆転されないでくれ」。バルボサしかいない得点源、貧弱なディフェンスにどうしようもないミスの数々。ナッシュが休むという以上の意味はそこにはなかった。プレーオフともなれば尚更で、スターターが40分以上の出場を強いられることは珍しいことではない。当時はこんな時が来るのを想像さえしていなかった。

  スターターの調子は決してよくなかった。彼らは専らオフェンス専門軍団。ウォーリアーズ出身のJ-Richも含めれば、「120点とられても140点とって大勝する」という前提でチーム作りが進められた時代を過ごしたものばかりだ。シュートが入らなければリズムがつかめないのは当然のことで、だからこそ安定した戦いが求められるプレーオフでは弱いと言われ続けた。実際、バスケットボールは5人しか出られないスポーツ。5人のうち2人のシュートタッチが良くなければオフェンスは上手くいかない。過去のサンズに今のスターターが入っても恐らくこのとおりの試合しかできず、今日の試合は落としていただろう。

  しかし今、フェニックス・サンズは10人でバスケットボールをしている。10人のうち何人かの調子が悪くとも、他の5人がカバーできる。今日はそんな試合だった。素晴らしいゾーンディフェンス、誰でもインサイドに飛び込んでリバウンドをとりにいくハッスルプレー、そしてどこからでも点が取れるオフェンス。ベンチの5人、ドラギッチ、バルボサ、ダドリー、アムンドソン、フライは今日のサンズの116得点のうち実に54点をあげ、+/-の合計は実に+69にのぼった。スターターの合計が-24だったこと、更にベンチは4Qの大半をレイカーズのスターターを相手に戦っていたことを思えば、実に恐ろしい数字である。

  そして、このベンチの調子を象徴するのがフライの復活。ここまで17本連続でFGを外し、NBAプレーオフ記録に迫らんばかりになっていたフライが遂に帰ってきた。2Q残り7分でバルボサの絶妙なパスを受けて放ったスリーが入ると、瞬く間に3本のスリーを沈めて完全復活。バルボサと共にベンチのスコアリングリーダーとなる14得点を叩き出し、スリーの調子がなかなかあがらないチームを救った。「今日は出場させない方がいい」という周りの雑音にも負けず、我慢して使い続けたジェントリーの期待に遂に応えた。

  2Q, 3Qの得点の半分がコービーというまさにコービー一辺倒のレイカーズに対し、10人全員でプレーしたサンズ。今季のサンズのバスケを象徴するような試合だった。これぞバスケットボール、これぞチームプレー。

  第3戦のアマレ、第4戦のベンチ。初めの2戦で欠けていたピースはホームの2戦で揃った。これで五分、2勝先取の3戦マッチ。ここからが本番だ。残り2勝でファイナル、頂点まで残り6勝。

Posted in PLAYOFFS 2010 | タグ: , , , , , , | 4 Comments »